MENU

排卵検査薬の使い方のコツ

 

a-checkを含め市販の排卵検査薬の使い方がいまいちわからないという方も多いと思います。
しかしちょっとしたコツを掴む、というだけで排卵検査薬を手軽に使用することができます。

 

毎日一定の時間に検査するようにするのですが、わかりにくいのであれば、基礎体温表を見てある程度排卵日を予測できるタイミングで測定してみてください。
そうすることで、陽性をはっきりと把握することができるになります。
排卵検査薬を使用してくっきりとした陽性が出れば、それは黄体形成ホルモンが体に満たされているという証拠です。

 

この状態で、16時間から24時間以内に排卵されると言われています。
これを目安にして陽性が出た日から3日連続でセックスをすることで、より妊娠率を高めることができると言われています。

 

このタイミングをしっかりと把握し、それに合わせて性行為を行うことによって多くの方が妊娠することができます。
3日連続で性行為をするのは辛いという方は、少なくとも陽性が出てから翌日、その翌日まで2日間性行為行うようにしましょう。
2日間セックスをするだけでも、妊娠の確率が飛躍的に高めることができます。

 

排卵検査薬を使用して効率よく妊娠することができた、という方も少なくないのです。