妊娠を望んでいる人

MENU

妊娠を望んでいる人は排卵検査薬を使うといい

 

妊娠を希望する人の中にはなかなか赤ちゃんができないと悩んでいる人も少なくありません。妊活や不妊治療という言葉を一般的に聞くようになったことからもこうした悩みを持った人が少なくないことが分かります。もちろん不妊治療を行っている人の中には何かしら、体に原因があり子供が出来づらいというケースも少なくありません。もちろん体に原因があるというのは女性に限ったことではなく男性側に問題があるケースもあります。ですから悩んで悩んで仕方がないという人はきちんと医療機関を受診し原因を突き止めることが重要です。しかしそこまででもという人におすすめなのが排卵検査薬です。
妊娠するためには女性から排卵される卵子と男性から射精される精子が受精する必要があります。しかしこの排卵は約一カ月に一度しかありません。つまり受精するチャンスは一カ月に一度ということです。そのタイミングを逃さないためにある検査薬が排卵検査薬です。生理終了後既定の期間が経過してから数日間この検査薬を毎日使用することで排卵のタイミングを予測することが出来るのです。一般的に排卵検査薬を予測する方法として基礎体温法があります。これは女性が日々の基礎体温を測定しその体温から排卵日を予測するというものです。この方法よりもより正確とされるのが排卵検査薬なのです。
ですから妊娠を望んでいる人はまずはこの排卵検査薬を使用しより正確な排卵日を知ることで受精の成功確率をぐんと上げることが出来るのです。

 

 

 

妊娠希望の方のための、正しい排卵検査薬の使い方

 

妊娠希望に人には排卵検査薬を使う事で妊娠しやすい排卵前日や前々日にタイミングを取る事が出来るでしょう。ただし、きちんとした使い方を守らないと意味のない物になってしまう為、正しい使い方のポイントをいくつか守って使用すると良いでしょう。
まず初めに正しい排卵検査薬の使い方に自分自身がきちんと毎月排卵をしているかどうかを知る事が大切です。毎月生理が来ているからといって排卵があるとは限りません。無排卵と言って排卵がないケースもある為、判断するには基礎体温が2層に分かれているかどうかで確認できます。一般的に排卵前までは低温期、排卵後は高温期になります。基礎体温の差は低温と高温に大体0.5度程度開きがあれば低温が36.5度程度でも心配ないでしょう。
次に自分の生理周期を知る事も大切です。毎月ズレがなく来るのか、多少なりともズレてくるのか大まかな生理周期を把握し、排卵検査薬の使用開始日を決めます。生理14日前が排卵日が多い事からズレ具合によって1日から2日程度のズレであれば17日前程度から検査すると良いでしょう。
最後に排卵検査薬を使用する際はできるだけ同じ時間帯で同じ状態でを心がけます。直前に水分を多く摂り過ぎた等は尿が薄くなり正しく判定できなくなるので注意します。

 

排卵検査薬の無駄使いは経済的にも痛手

妊活をしていると、排卵検査薬は平均的に月に何本使うのか、気になってしまいます。
でも、排卵検査薬を何本使うかは、完全に個人差があるので、平均値は出せないと思います。
というのも、排卵検査薬を使う上で、まずは『生理周期』が安定しているか、安定していないかによって、使用本数が大幅に違ってきます。
生理周期が安定している人は、排卵日前の数日間だけ使用すればよいので、1日1本使いの人なら、2、3本で済んでしまいます。
1日複数本使っている人でも、6本前後あれば十分です。
ところが、これが生理周期が不安定な人になってくると、1日1本使いでも20本~30本使ってしまう人もいます!
更には、1日複数本使いとなると、40本~50本なんて、あっという間になくなってしまう可能性があります。
やはり、排卵検査薬を何本使うかは、生理周期の安定によって大きく影響されると思います。
そのため、少しでも排卵検査薬の使用本数を減らしたいと思っているのであれば、まずは生理周期を整えることが大事になってきます。
生理周期が安定すれば、それだけ無駄に排卵検査薬を何本も使わなくて済むようになりますからね。
無駄使いが多いと、やっぱり経済的にも痛手になってしまいます。

 

排卵検査薬の標準的な使い方

排卵日の何日目からワンステップ排卵検査薬クリアかというと、基本的には2、3日前から使用するのが標準的だとされています。
でも、今の女性って、生理周期が乱れている人もかなり多いので、そもそも生理周期が不安定で、排卵日や次回の生理予定日の予想が立てられないという人も多いと思います!
何日目から排卵検査薬を使うのか、どうしても悩む場合は、排卵検査薬に最初に挑戦する月は、毎日1本使ってみるのもおすすめです!
月に1本って、かなりの排卵検査薬を消費するので、「お金がかかるじゃん!」って思うかもしれませんが、生理周期がわからない人の場合は、生理終了後から使ってみると、基礎体温と併せてチェックしているうちに、自分の排卵日がわかりやすくなるんです。
そんなにお金をかけたくないと思う人もいるかもしれませんが、やっぱり生理周期が乱れている人は、いつ排卵が起こるのかわからないので、毎日でも試した方が、本当は失敗しません。
だからこそ、私は国産の排卵検査薬ではなく、海外産の50本入りの排卵検査薬を使って挑戦しましたので、タイミング法を始めた最初の月でちゃんと陽性反応が確認できました!
排卵日がわからない人は、最初の月だけでも、毎日チェックしてみた方が今後の妊活でも参考になると思います。