MENU

排卵検査薬を使って妊娠する確率を上げよう

 

妊娠をしたいと思ったら、排卵日を調べるのが一番です。その理由は、女性は生理が順調に来ていたとしても排卵がしっかりあるとは限らないから。排卵検査薬を使うと、自分自身が排卵をしているのかを調べることができます。また、タイミングを上手に取ることができます。
排卵検査薬は、色々なタイプがあり、自分がぴったりの商品を買って調べてみましょう。例えば、ドクターズチョイスやクリアブルーはドラッグストアでも売っている排卵検査薬で、調べると排卵日の2日前に陽性反応が出ます。妊娠検査薬と同じように、使い捨てタイプもデジタル表示ができるものもあります。また、クリアブルーの排卵検査機はタッチパネル式で5日前から排卵日を予測してくれます。
排卵日にタイミングを取ったとしても妊娠しない可能性はあります。ストレスもあるので、初期流産をしてしまう可能性もあります。ただ、排卵検査薬を使うことで、自分はちゃんと排卵しているかを調べることもでき、タイミングも、病院に通わずとも一番いい時がわかります。いつまで経っても排卵日の予測ができない場合もあり、その際は排卵異常を疑ってみることもできます。排卵異常である場合は病院に通うこともできるはずです。

 

 

排卵検査薬を使って妊娠を引き寄せよう

 

結婚をして夫婦となって、避妊をしない夫婦生活をしているのに、まったく妊娠兆しがないという人もいます。反対にすぐに赤ちゃんができたという人もいます。この違いはなんでしょうか。妊娠を引き寄せるためには、女性の身体の仕組みや生理周期を知って、排卵のタイミングを合わせて性行為をするということが一番大切です。ただ回数を増やしているだけではその半数以上の性行為は、受精には結びつかない性行為を行っているにすぎません。女性の生理周期はその個人によって異なります。24日位の周期の人もいれば、32日位の周期の人もいます。そのために個人に合わせた排卵日の予測が大切なのです。しかし、排卵は表面には何も症状が出てきません。そのために排卵検査薬を使用するのです。これを使用すると、自分の排卵のタイミングを知ることが出来ます。そしてそのタイミングを合わせることによって妊娠に結びつくような効果的な性行為をすることが出来るのです。ただ性行為をしていては赤ちゃんを授かることは難しいです。しかし、タイミングを合わせることにより、その確率を一気に高めることが出来るのです。排卵検査薬はその自分の希望を叶えるために重要なものであるし、強い味方にもなります。