MENU

排卵検査薬を使って、効率よく妊娠するには

 

排卵検査薬を使って妊娠をする為には、性交渉のタイミングを意識しておく事が重要になってきます。
排卵日に性交渉をするのが、最も有効と考える人は少なくありませんが、タイミングとして有効なのは排卵日の前の数日間です。
確率が上がりやすくなるのは、排卵日の4日前からで、排卵日の前々日、前日は特に確率が高まる事になります。
ですから、排卵検査薬を使って確率を上げたいと考えるのであれば、排卵日になってから性交渉を行うのではなく、前日や前々日を意識しておく事が大切です。
排卵日でも確率は高いままというイメージを持つ人もいますが、排卵日になると確率は下がってしまう事になります。
排卵検査薬を使い、排卵日を知り、性交渉のタイミングを知る事で妊娠の確率を上げていく事が出来ます。
ただ、排卵日のみを意識して、排卵日に合わせて性交渉を行うようにすると、確率はそれ程、上がらない状態となってしまいます。
確率を上げる為には、排卵日を知るだけでなく、性交渉を行う為に最適なタイミングもしっかりと意識しておく事が重要になってきます。
より確率を高くしたいと考えるのであれば、排卵日ではなく、前々日や前日の性交渉を考えるようにする事が大切です。

 

 

排卵検査薬を使って妊娠するには

 

妊活をしている人の間で排卵検査薬を使用することは、もはや当たり前になっているかもしれません。それほど排卵が重要なカギを握りそれを知るための検査薬なのです。しかし、この排卵検査薬は何時使用してのいいわけではありません。まずは自分の生理周期を知ることが大切です。そして自分の生理周期が何日周期で、その周期の中でいつごろ排卵が訪れるかを予測します。基礎体温を付けている人ならば、それも重要な指標になることでしょう。そしてある程度排卵の予測をすることが出来たら、排卵検査薬を使用するのです。この検査薬では早いものは排卵の3日前くらいから反応が出てきます。この陽性反応を見て性行為をすることで妊娠の可能性を高めることが出来るのです。検査薬を使用するときには複数本使用する人は少なくありません。大体の予測で検査をするので、時には検査の時期が早すぎて陰性反応が出ることもあるでしょう。そして陽性になるまで繰り返すので、複数本使用するのですね。しかし使用することで妊娠の可能性は高まるので、その使用には意義があると言えます。自分の妊娠希望を叶えるためには排卵検査薬を使用することが一つの効果的な方法になることは間違いありません。