MENU

排卵検査薬で妊娠を目指すためのポイント

 

妊娠をしたい人は排卵検査薬を知っている人も多いですが、妊娠するにあたって排卵日を意識してのタイミングは効率良く妊娠できるポイントでもあります。排卵日を特定する手助けをしてくれるものが排卵検査薬であり、有効に活用する事でベストなタイミングを計る事が可能です。
排卵検査薬を有効に使うにあたり、少なくとも3ヶ月前くらいから基礎体温をつけて自分の生理周期を知る事が大切です。高温期と低温期に分かれている事を確認する事で排卵が起こっている事を確認できます。また、周期が28日の場合には排卵は生理開始日から14日後あたりとされ、排卵検査薬を使用する時期を設定する事が出来ます。排卵のずれは容易に起こるので生理予定日の14日から3日程度プラスして17日前からの使用が検査薬の反応を逃さずに出来るでしょう。
精子の生存日数が3日から5日と言われている事から陽性になりやすい排卵日の2日前が最もベストなタイミングですが、うっすらと陽性になってきた頃から陰性になるまで2日おき程度にタイミングを取る事で常に子宮内に精子がスタンバイしている事になるので今周期を逃す事無くチャレンジできます。
注意したい点は排卵検査薬を用いた所で確実ではないので、あくまでも心にゆとりを持ってストレスのない生活を心がける事が近道です。

 

 

排卵検査薬の活用で妊娠の可能性が期待できます

 

これまで手探りで妊活をおこなって来たけれど、全然妊娠の兆しがなかったという人もいるのではないでしょうか?その原因は排卵のタイミングと性行為のタイミングがうまくかみ合っていなかったせいかもしれません。もしも本気で妊娠を考えているならば、基礎体温などを付けて、自分の生理周期のタイミングと性行為のタイミングをてらし合わせてみるとよいかもしれませんね。そうすると、タイミングがずれていたことが理解できるでしょう。そしてそれを確実なものにするためには、排卵検査薬を使用することです。自分の生理周期が理解できるようになると、排卵日の予測が出来るようになります。妊娠を目指すためには、この排卵日の前からの過ごし方、そして性行為のタイミングの取り方が重要になります。しかし自分ですべて知ることは難しいですね。これをうまく行うことが出来るのが、排卵検査薬を活用して妊活をするという方法なのです。排卵検査薬は排卵の3日前くらいから反応を示すものもあります。またその日だけ反応をするものもあり、感度の違いによって異なります。そのために効果的に使用して赤ちゃんを授かりたいという人には、とても可能性が期待できる効果のある方法なのです。