MENU

希望の妊娠に近づく排卵検査薬

 

最近徐々に認知されてきた排卵検査薬ですが、まだまだ販売個所も少なく販売に関する制約も多いのでまだまだ入手が容易とはいいがたいです。しかし排卵検査薬を使用することでより正確な排卵日を特定することが可能となります。排卵日を特定することは妊娠の可能性そのものをぐっと上げるだけでなく男女の産み分けの際にも役に立つとされています。
では排卵検査薬で男女の産み分けができるとはどういうことか説明していきます。精子はX染色体とY染色体という異なる2つの細胞を持っています。一方卵子はX染色体のみを持っています。これらの染色体は性染色体とよばれこの二つの染色体の組み合わせにより性別が決まります。女性ならXXという組み合わせ、男性ならXYという組み合わせとなります。ですから卵子と出会う精子がX染色体を持っていればXXとなり女の子、Y染色体を持っていればXYとなり男の子というように性別が決まります。
そしてX、Y染色体にはそれぞれ特徴がありX染色体は酸性に強くY精子と比較して寿命が長いという特徴があります。一方Y染色体はアルカリ性に強く寿命が短いという特徴があります。排卵検査薬とこの寿命の違いを合わせることで希望の性別の子供を授かる可能性が高まるのです。女の子が欲しい場合寿命が長いという特徴を生かして排卵日の前に行為を行います。一方で男の子が欲しいという場合には排卵日に行為を行います。
妊娠に関する知識と正確な排卵日を特定することで妊娠そのものの確率を上げることが出来るのはもちろん、希望の性別の子供を授かる可能性も上がるのです。

 

 

排卵検査薬で妊娠できる日を調べる

 

妊娠が出来る日というのはいつでしょうか。女性には生理周期というのがあります。これは人によって日数が異なります。中には24日周期という人もいます。32日周期という人もいます。平均的には28日周期であることが多いでしょう。その生理周期ではホルモンの関係で女性の基礎体温は低温期と高温期に分れていますし、その低温期から高温期になる時に排卵が行われると言います。本来はこのような基礎体温を定期的につけていると自分の生理周期を知ることが出来ますが、排卵日の予測などはあくまでも予測ということにすぎません。女性が妊娠できるタイミングというのは、この排卵日が大きなカギを握るのですが、より排卵日を確実にいるためには、排卵検査薬を使用する人が最近増えてきています。この排卵検査薬も精度が異なり、排卵の3日前くらいから陽性反応を示すもの、1日前から反応を示すもの様々です。しかし排卵を予測することが出来ると、妊娠できる日を知り、パートナーとの夫婦生活を持つタイミングを知ることが出来るようになりますね。排卵というタイミングは月に一度しか訪れません。そのためにタイミングが大切なのですが排卵検査薬を使用することにより、それをより確実なものにすることが出来ます。