MENU

妊娠率を上げる排卵検査薬の仕組み

 

妊娠したかどうかを知るために利用するのが妊娠検査薬ですが、その前の排卵日を特定しより妊娠の確率を上げることが出来るのが排卵検査薬です。現在排卵検査薬を購入しようとした場合、薬剤師の在中している処方箋薬局などでなければ購入できません。一部海外の製品を輸入代行という形でインターネットで購入することは可能ですが、気軽に購入できるという環境ではないもののどうしても赤ちゃんが欲しいといった人にとってはより正確に排卵日を確定させることが出来るべんりな製品です。
赤ちゃんを授かるためには精子と卵子が受精する必要があります。しかし卵子の排卵はおよそ一カ月に一度だけなのです。数少ない排卵日が分かればその付近で性交渉を行うことによりより卵子と精子が出会う確率を上げることが出来ます。
排卵日を知る方法として基礎体温法というものもあります。これは女性が毎日同じ時間に基礎体温を測り低温期と高温期を知ることによって排卵日を特定するというものです。もちろんこれでも何もしないよりは排卵日を特定することは可能です。しかしより正確な排卵日を知るために利用するのが排卵検査薬なのです。排卵検査薬は尿中のホルモンの量によって陽性か陰性が示されます。このホルモンは排卵を促すホルモンで、排卵が起こる24時間から36時間程度前に極端に量が増えるのです。量が増えると陽性として結果が示されこれから排卵が起こるということが分かるような仕組みです。
体内の変化が目に見える形でわかる排卵検査薬を使用することでより正確な排卵日を特定することが可能なのです。

 

 

妊娠計画に排卵検査薬は有効

 

妊娠したいのに、タイミングをとっても毎月生理が来てしまうとがっかりしますね。
大体子供がほしいと思っている方は、排卵日に性行為をすると妊娠するという知識を持っています。
これは間違っていないのですが、その肝心の排卵日がはっきりわかっていない方が結構多いのですね。
おそらくこれも予備知識として、生理開始から14日後が排卵日だと思っているのではないでしょうか。
これは28日周期の方の場合で、大体それで合っているという程度のものです。
人によって生理周期は違うので、30日や32日周期の方には勿論当てはまりませんし、28日周期でも数日ずれることは当然考えられます。
排卵が終わってから性行為をしても遅いですから、一日のずれが結構致命傷となるのです。
何回かトライしてもうまくいかない場合は、排卵検査薬を使用することをおすすめします。
排卵検査薬は、排卵が起きるサインであるLHサージを感知して陽性反応を示します。
このLHサージが濃くなってから1~2日後くらいに排卵が起きるとされています。
ですから、濃くなったタイミングから陰性になるまでトライすれば、妊娠する確率はかなり高くなるのですね。
検査薬を使用すると大体何日くらいということがわかりますから、配偶者にも予定を伝えやすくなります。