MENU

排卵検査薬を利用した妊娠方法

 

妊娠を希望した時に、病院でも特に注目するべきことが、その性行為のタイミングです。女性には生理周期があり、排卵日というのが決まっています。この時に性行為を行わなくては、タイミングよく受精することはできず、妊娠ができないのです。そのために妊活中の人にとっては排卵ということが一つのキーポイントになりますね。そして最近では効果的に排卵日を知ることが出来るための排卵検査薬を使用する人も少なくありません。これは尿中に含まれるホルモンの量を計って、陽性反応があるかどうかを見る物です。排卵検査薬で陽性反応が出ると、排卵が近いことを意味し、そのタイミングで性行為をすることにより、妊娠の可能性を高めることが出来るのです。この検査薬は、尿を用いて検査を行います。早いもので3秒程度、通常は20秒から30秒くらいで判定が出る物ですし、お手軽だといえるでしょう。またまとめて購入すれば、その一本当たりの価格が安くなりますので、お得に購入をすることもできます。妊活中の人は、何度も使用することがありますし、まとめて購入して必要な時にはいつも使用するというのが、良い方法になるでしょう。タイミングを計るために有効的な手段になります。

 

 

排卵検査薬妊娠タイミングを知るのに適さない場合とは

 

排卵検査薬とは、排卵日が近くなると増える黄体ホルモンの数値を感知して、排卵日が判断できる検査薬です。尿で検査します。妊娠するためには、排卵日付近で性交し、受精する必要があるので、排卵日がわかるこの検査薬は妊娠への近道とも言えます。とはいえ、キチンと生理がきていても、排卵していない場合もあります。なので、排卵検査薬で全く反応しないことをきっかけに通院し、排卵できるように治療するきっかけになる、という場合もあります。検査薬の使い方は、生理と生理の間が、排卵している可能性が高いため、その少し前のあたりから使い出し、排卵日を予想します。しかしこの方法ではあくまで予想日でしかないので、基礎体温を付けてより詳しく排卵日を予想した上での使用をお勧めします。タイミングはばっちりだったはずなのに、受精に至らないことも多々あります。妊娠したい気持ちと比例して赤ちゃんを授かれるわけではなく、むしろ気持ちが高まるほどストレスで基礎体温グラフもガタガタに、ということも悲しいことに多いです。そのわりに排卵検査薬は値段が高いので、海外製の単価が安く沢山入っているものを購入する人も少なくありません。日本では調剤薬局でしか販売されていません。何度か使ってみて、自分だけでの判断が難しいと感じたら抵抗があるかもしれませんが通院してしまう方がストレスは少ないです。排卵検査薬を上手に使って多くの人が可愛い赤ちゃんを授かれるといいですね。