MENU

排卵検査薬を使用した妊娠

 

排卵検査薬は、尿中に含まれるLH(黄体化ホルモン)に反応し、排卵日を予測するものです。一般に尿中のLHの数値が30~40mIU/ml以上になると反応します。LHは常に存在しますが、ホルモン量が少なく通常は反応しません。排卵の直前になると、LHサージとよばれるLHの濃度の急上昇が起こり、反応するようになります。
卵子の寿命は24時間で、排卵されてから6~8時間が最も妊娠しやすいと言われています。また、精子は36時間運動可能です。このため、排卵日の前2~3日から排卵日1日までの間に性行為を持つと妊娠が成立しやすくなります。
排卵検査薬を使用するのは、生理が規則的な場合は整理開始予定日の14日前頃に排卵が起きるので、17日前から使用し始めるとよいでしょう。数日以内に陽性反応が出るはずです。陽性反応がでたら、1,2日後に排卵が起こると考えられるので、陽性反応が出たタイミングで続けて性行為を行うと精子を先にスタンバイさせておくことができます。
妊娠を希望する場合は、排卵検査薬を用いることは、成功率を高めるために不妊治療のクリニックなどでも勧められています。不妊に悩む場合は、自分に合った排卵検査薬を見つけて使用してみるとよいですね。

 

 

 

排卵検査薬を使用して合理的な妊娠を目指す

 

妊活をしているときに、とにかく性行為の数を増やすと妊娠をしやすくなるのではないかと思う人も少なくありません。しかし数を増やせば妊娠の確率が高まるというわけでもありません。そのためには性行為をするタイミングというのが重要になります。そしてそれが合理的な妊娠への近道になるのです。自分のパートナーと性行為はしているけれど、なかなか結果が出ず効果的な妊活が出来ていないのではないかと感じる人もいます。そんな時に使用したいのが排卵検査薬です。この排卵検査薬は使用することによって、女性の排卵日のタイミングを知ることが出来ます。排卵日のタイミングを知ることが出来たら、その前後に集中をして妊活をすればよいので、無駄な労力は使わなくてもよいですよね。男性だって、女性だって、毎日仕事をし、やるべきこともたくさんあります。限られた時間の中で妊活を並行していくのは大変です。合理的に性行為をすることが出来たら、なんて楽なんでしょう。それを実現してくれるのが、排卵検査薬なのです。正しく利用することで、その反応力を高め、合理的に妊活をすることが出来たら、きっと妊活は成功するはずです。そのためには排卵検査薬が欠かせません。