妊娠の確率 排卵検査薬

MENU

妊娠の確率を上げるアイテム排卵検査薬

 

妊娠を希望するもののなかなか赤ちゃんに恵まれないといった人におすすめなのが排卵検査薬です。

 

この検査薬を使用することで排卵日を特定することが可能なのです。製品によって若干使用方法は異なりますが検査薬に尿をかけたり、紙コップなどに採取した尿に検査薬を浸すタイプがあります。排卵前には排卵を促すヒト黄体形成ホルモン(LH)が大量に分泌され尿中のLHの量が上昇します。上昇することで検査薬が反応し排卵を予測することが出来るという仕組みです。

 

このホルモンが大量に分泌されてから24時間から48時間後に排卵が起こります。卵子の寿命が24時間程度、精子の寿命が3~4日程度であるのを考慮すれば陽性反応がでた日付近で性交渉を行えば妊娠の確率がぐんと上がるのです。この排卵検査薬と合わせて基礎体温を測定することでより正確な排卵日を知ることが出来るのです。

 

基礎体温も排卵検査薬も個人差があるので単独で使用するよりもより確率を上げることが出来るのです。

 

ただし検査薬を利用しても妊娠できないといった場合にはほかに原因がある可能性もあるので専門の医師の診察を受けることも必要かもしれません。不妊治療というと医師の診察が必要と考えがちですがまずは検査薬を利用してタイミングを計ってみることで自然に赤ちゃんを授かる確率を上げることが出来るのです。

 

 

 

 

妊娠の確率を上げるために使われる、排卵検査薬について

 

妊娠は、タイミングを合わせないとなかなか希望通りにはいかないものです。
性行為さえすればすぐ授かるだろうと思っている方が多いかもしれませんが、排卵日を外せば受精に至ることができません。
排卵日は女性の卵子が卵巣から排出される日で、この時に男性の精子がいると、受精に至る可能性がとても高くなります。
精子の寿命はおよそ3日くらい、卵子の寿命はおよそ一日ですので、排卵日3日前くらいから排卵後1日くらいが勝負です。
しかし、実はこの排卵日を特定することが割と難しいのですね。
生理周期が不安定な方は特に難しいですが、生理周期が安定していても意外にずれていたりします。
生理開始から14日目ごろというのがオギノ式の目安となっていますが、14日目が排卵日の時もあれば、数日ずれていることもあります。
この排卵日を特定するために、排卵検査薬がとても役に立ちます。
排卵検査薬はLHサージという物質を感知するもので、陽性になってから1~2日後に排卵が起こります。
ですから、陽性になった日は排卵の2~3日前という計算になりますね。
陽性になってから数日間トライすれば、いずれかは排卵日に当たります。
もちろん排卵日にトライしても受精できないこともあり、受精しても着床できないこともありますから、焦らずトライしていきましょう。

 

 

 

妊娠をより確実にするために利用する排卵検査薬

 

排卵検査薬は排卵直前に急上昇する黄体形成ホルモン値を計測する事で排卵が近づいている事を示します。海外製も含め、判定率が100パーセント近い正確性を持っています。
妊娠をより確実にする為に効果的な使用方法は数多くある排卵検査薬の選び方にもあります。メーカーによって陽性になるタイミングが12時間から48時間と幅があります。説明書に陽性になるタイミングが記載されているので確認しておくと良いでしょう。排卵2日前から反応するタイプでは当日の夜タイミングを取れなくても翌日タイミングが取れる為、焦らずにゆとりをもって妊活する事が出来るでしょう。
また、排卵検査薬には感度の違いがポイントです。黄体形成ホルモン値を感知する程度が違う為、黄体形成ホルモン値がもともと低めな方が感度が低めな検査薬を使用した際には陽性を示しにくいかもしれません。一方で感度が高いタイプを使用すると、陽性反応がくっきり出るメリットはありますが、薄い陽性ラインや陽性が続くケースがあり、タイミングを取る判断が個人で難しいケースもあり、そのような場合には感度の低いタイプを使用してみると良いでしょう。
その他に使用するにあたって検査する時間帯を同じにする、余裕があれば一日の使用を二回にしてみても良いでしょう。

 

 

排卵検査薬が検知するのはLHホルモン

排卵検査薬でテストラインに陽性反応が出る時は、やっぱり嬉しさがありますね。
ただ、排卵検査薬がテストラインで陽性になっても、確実に排卵しているかどうかはわからないっていうのが最大の欠点です!
私も最初は、排卵検査薬って排卵しているからテストラインが陽性になるのだと思っていましたが、そうではないんですよね!
あくまで、排卵時に分泌が増えていると言われているLHホルモンを一定数検知したっていうだけ!
簡単に言ってしまえば、排卵を知らせるツールというよりも、LHホルモンの分泌の多さを知らせるツールなんです。
なので、排卵日が起こるかどうかっていうのは、全くわからないんです。
それがわかるのは、病院の卵胞検査だけ!
さすが高いだけありますよね。
1回2000円前後になることが多いそうですが、卵胞の成熟度合いや、具体的な排卵日のアドバイスももらえるので、排卵しているかどうかすらも不明な排卵検査薬に比べれば、全然精度が違います!
排卵検査薬で結果が出せなかった人は、病院のエコー検査を受けてみて、一度タイミング法に挑戦してみるのも良いと思います。
排卵検査薬ではダメだったけど、病院でのタイミング指導で出来たっていう人も多いですからね。

 

排卵検査薬を使って妊娠を目指す

 

妊娠を目指すときには、どのように目指すといいのでしょうか?性行為をする回数を増やす?じつは性行為の回数を増やしたとしても、そのタイミングが悪ければ、その性行為が妊娠につながることはありません。そのために、病院でも不妊症の治療の第一歩はタイミングを合わせるということになるのです。病院ではこのタイミングを知るために採血などの方法を用いて知ることが出来ます。しかし、普通の人が自宅でそのタイミングを計ることは簡単ではありません。その場合は、排卵検査薬を使用することが効果的なのです。最近の排卵検査薬は性能もよいために、比較的正しい結果を得ることが出来ます。その結果で性行為のタイミングを計るといいのですね。妊娠を希望する人でこの排卵検査薬を使うかどうかでその確率は大きく異なると言います。タイミングをうまく合わせることが出来れば、ストレスも減りますし、お互いの予定も立てやすくなりますよね。本来は結婚すれば赤ちゃんが出来ると思っていた人でも意外に難しいものであることが分かると思います。しかし、その希望を叶えるためには、排卵検査薬を使用して正しいタイミングで夫婦生活を行うことが大切なカギを握ることになるでしょう。

 

 

排卵検査薬を使って妊娠を目指そう

 

あなたは妊娠を希望していますか?その場合には、排卵日がその成功のカギを握っています。なぜならタイミングが一番良い時期だからです。妊活を始めるといろいろな情報を収集し、排卵日が重要なことはしている人が多いかもしれません。しかしそのタイミングを計ることは実際に難しいと感じる人もいるでしょう。なぜなら、体の内側で起こっていることであり、なかなか表面的に知ることが出来ないからです。そんな時に活用したいのが。ワンステップ排卵検査薬クリアです。これは薬局やドラッグストアで購入することが出来るスティック状の検査薬です。ここに尿をかけることで陽性化、陰性かの反応を見ることが出来ます。本当に妊娠を目指す人は、自分が予測する排卵日前から排卵検査薬を使用しはじめ、陽性反応が出始めたところから性行為を行っていくという形が妊娠への近道になります。人にもよりますが、そのタイミングを計るために一度の排卵を知る時に、数本の排卵検査薬を使用するということも珍しくありません。そしてそのタイミングを合わせて性行為をするのですね。そうすると一番効率よく妊活することが出来るでしょう。妊活中の科プルにおいてこの排卵検査薬というのは欠かせない検査薬なのです。

 

 

本当にタイミング法が合っているのか?

排卵検査薬を使って子作りに挑戦しても、結果的に妊娠しないと意味がありません!
排卵検査薬でタイミングを計っても低温期のままで、「本当にタイミング法が合っているのか?」と疑問に感じる人もいると思います。
やっぱり、排卵検査薬を使ったタイミングっていうのは、私は人を選ぶと思います。
生理周期が安定していて、何も問題がない人の場合は確かに排卵検査薬は有効な手段だと思います。
でも、生理周期が乱れていて、なかなか素人では排卵日を特定するのが難しい場合は、大人しく病院でお世話になってしまったほうが、経済的にも実は安く済む可能性があります!
病院での1回の卵胞検査は2000円と言われ、1カ月に1万円くらいあればタイミング指導を受けるのも可能です。
いくら排卵検査薬1本自体の費用は安いとは言っても、成果の出ないタイミング法のために何本も排卵検査薬を購入して、毎月1万円くらいの出費になってしまっているようであれば、やはり多少費用が高くても、病院でしっかり排卵の有無までチェックしてもらえるのですから、医師に相談した方が確実だと言えます。
排卵検査薬が陽性になっても低体温のままになっている人の場合、排卵すらしていない可能性がありますからね。

妊娠の確率を上げるアイテム排卵検査薬記事一覧

 

希望の妊娠に近づく排卵検査薬最近徐々に認知されてきた排卵検査薬ですが、まだまだ販売個所も少なく販売に関する制約も多いのでまだまだ入手が容易とはいいがたいです。しかし排卵検査薬を使用することでより正確な排卵日を特定することが可能となります。排卵日を特定することは妊娠の可能性そのものをぐっと上げるだけでなく男女の産み分けの際にも役に立つとされています。では排卵検査薬で男女の産み分けができるとはどういう...

 
 

排卵検査薬で妊娠を目指すためのポイント妊娠をしたい人は排卵検査薬を知っている人も多いですが、妊娠するにあたって排卵日を意識してのタイミングは効率良く妊娠できるポイントでもあります。排卵日を特定する手助けをしてくれるものが排卵検査薬であり、有効に活用する事でベストなタイミングを計る事が可能です。排卵検査薬を有効に使うにあたり、少なくとも3ヶ月前くらいから基礎体温をつけて自分の生理周期を知る事が大切で...

 
 

排卵検査薬で妊娠確率を上げる他の方法との組み合わせ排卵検査薬は自分の排卵のタイミングをチェックできるため、効率よく妊娠をするためには必需品とも言えます。さらに効率よく妊娠するためには、基礎体温のチェックも併せて行うと良いでしょう。基礎体温は、毎朝寝起きの体温を計測するものです。毎日0.3度~0.5度という微妙な差ではありますが、女性の体温はホルモンの分泌量によって変化があります。病気などで体調が悪...

 
 

排卵検査薬を使って、効率よく妊娠するには排卵検査薬を使って妊娠をする為には、性交渉のタイミングを意識しておく事が重要になってきます。排卵日に性交渉をするのが、最も有効と考える人は少なくありませんが、タイミングとして有効なのは排卵日の前の数日間です。確率が上がりやすくなるのは、排卵日の4日前からで、排卵日の前々日、前日は特に確率が高まる事になります。ですから、排卵検査薬を使って確率を上げたいと考える...

 
 

排卵検査薬を使って妊娠する確率を上げよう妊娠をしたいと思ったら、排卵日を調べるのが一番です。その理由は、女性は生理が順調に来ていたとしても排卵がしっかりあるとは限らないから。排卵検査薬を使うと、自分自身が排卵をしているのかを調べることができます。また、タイミングを上手に取ることができます。排卵検査薬は、色々なタイプがあり、自分がぴったりの商品を買って調べてみましょう。例えば、ドクターズチョイスやク...