妊娠への近道

MENU

排卵検査薬は妊娠への近道

 

赤ちゃんが欲しいという人はどんなことに気を付けていますか?赤ちゃんを授かるために自分の体質改善をしている、また赤ちゃんにも良いと言われるようなサプリを摂取している人もいるでしょう。そして自分の生理周期を知るために基礎体温を毎日つけている人もいるかもしれません。赤ちゃんを授かることはとても嬉しいことですし、そのための準備にも手を抜かない人が多いです。一方で、努力をしているがなかなか赤ちゃんに恵まれないという人もいますよね。その違いはなんでしょうか。その一つに排卵日と性行為のタイミングが悪いということがあげられます。妊娠を実現するためには、卵子と精子が受精することが大切ですが、受精をするためには、その排卵日前後に性行為を行って環境を整えることが大切です。排卵日というのはなかなかわかりづらいのですが、最近では排卵検査薬を使用して自分の排卵日のタイミングを知ることが出来ます。これにより排卵日を知ることが出来、一番良いタイミングで性行為をすることが出来たら、それが一番妊娠への近道になるのです。排卵検査薬は一本1000円程度で購入ができます。この価格で予測して妊娠に近づくことが出来たらいいですよね。

 

 

排卵検査薬を上手に使って妊娠に近づく

 

結婚をして妊活を始めたのに、なかなか赤ちゃんを授かることが出来ないという人がいます。最近では妊活という言葉が広まり、多くの人がどのように妊活をしたらよいかという情報を雑誌やインターネットから知ることもできるようになりました。その中でよく見かけられるのが、排卵検査薬という言葉ではないでしょうか。なかなか赤ちゃんを授かることが出来ない人は、性行為をするタイミングが悪いのかもしれません。タイミングが悪ければ女性の卵子と、男性の精子が結びついて受精をすることがありません。そのために性行為はしているけれど、妊娠をしないという状況になってしまうのです。もしも効率的に性行為を行いたい場合には、排卵検査薬を使用して陽性になったタイミングで性行為を行うと妊娠に一歩近づくことが出来るのです。なかなか妊娠が出来ないという状況は時に夫婦仲に問題を起こすこともあるでしょう。そしてその原因をはっきりさせるためにストレスがかかることもあります。そのようなストレスを抱える状況は妊活中の女性にとって、良いとはいえません。できれば、ストレスなく、開放的でリラックスして赤ちゃんを受け入れられる態勢を取っておくことが重要になるのです。

 

 

排卵検査薬でタイミングが取りにくい体質の人

排卵検査薬を使っても、タイミングが取りにくい体質の人っています。
それはなかなか基礎体温が高温期に移行しない人。
その時々によって無排卵になってしまったり、生理周期が乱れている人に多いですね。
そういう人の場合、排卵検査薬でせっかく陽性になっても低温期のままで、排卵が行われているのか疑わしいということが結構あります。
通常は排卵が最低日に行われ、その後にぐんと高温期に突入するのですが、無排卵の人や卵胞の成長が悪い人などは、排卵検査薬で陽性が出ても低温期のままで、陽性反応出てかなり時間が経った頃に排卵したり、素人では予想がつけられません。
そのため、本当に排卵しているのかチェックしたい人は、病院に通ってエコー検査でしっかり排卵しているのかチェックして貰ったほうが良いです。
排卵検査薬は、基本的に生理周期が安定している人には有効ですが、不安定な人は、素人判断で闇雲に挑戦することになってしまうので、タイミングが読めず、なかなか自然妊娠することが難しい状況です。
もしも生理周期が乱れている人が排卵検査薬に挑戦したいのであれば、まずはある程度体質改善をして、生理周期を整えてから挑戦することをおすすめします。

 

 

排卵検査薬を利用した妊娠方法

 

妊娠を希望した時に、病院でも特に注目するべきことが、その性行為のタイミングです。女性には生理周期があり、排卵日というのが決まっています。この時に性行為を行わなくては、タイミングよく受精することはできず、妊娠ができないのです。そのために妊活中の人にとっては排卵ということが一つのキーポイントになりますね。そして最近では効果的に排卵日を知ることが出来るための排卵検査薬を使用する人も少なくありません。これは尿中に含まれるホルモンの量を計って、陽性反応があるかどうかを見る物です。排卵検査薬で陽性反応が出ると、排卵が近いことを意味し、そのタイミングで性行為をすることにより、妊娠の可能性を高めることが出来るのです。この検査薬は、尿を用いて検査を行います。早いもので3秒程度、通常は20秒から30秒くらいで判定が出る物ですし、お手軽だといえるでしょう。またまとめて購入すれば、その一本当たりの価格が安くなりますので、お得に購入をすることもできます。妊活中の人は、何度も使用することがありますし、まとめて購入して必要な時にはいつも使用するというのが、良い方法になるでしょう。タイミングを計るために有効的な手段になります。

 

 

排卵検査薬妊娠タイミングを知るのに適さない場合とは

 

排卵検査薬とは、排卵日が近くなると増える黄体ホルモンの数値を感知して、排卵日が判断できる検査薬です。尿で検査します。妊娠するためには、排卵日付近で性交し、受精する必要があるので、排卵日がわかるこの検査薬は妊娠への近道とも言えます。とはいえ、キチンと生理がきていても、排卵していない場合もあります。なので、排卵検査薬で全く反応しないことをきっかけに通院し、排卵できるように治療するきっかけになる、という場合もあります。検査薬の使い方は、生理と生理の間が、排卵している可能性が高いため、その少し前のあたりから使い出し、排卵日を予想します。しかしこの方法ではあくまで予想日でしかないので、基礎体温を付けてより詳しく排卵日を予想した上での使用をお勧めします。タイミングはばっちりだったはずなのに、受精に至らないことも多々あります。妊娠したい気持ちと比例して赤ちゃんを授かれるわけではなく、むしろ気持ちが高まるほどストレスで基礎体温グラフもガタガタに、ということも悲しいことに多いです。そのわりに排卵検査薬は値段が高いので、海外製の単価が安く沢山入っているものを購入する人も少なくありません。日本では調剤薬局でしか販売されていません。何度か使ってみて、自分だけでの判断が難しいと感じたら抵抗があるかもしれませんが通院してしまう方がストレスは少ないです。排卵検査薬を上手に使って多くの人が可愛い赤ちゃんを授かれるといいですね。

 

 

妊活を諦めるタイミング

生理周期が安定している人の場合、排卵検査薬を使う時に次回の排卵予定の何日目前から使い始めるかというと、基本的には『2、3日前』です。
一方、生理周期乱れている人の場合は、ワンステップ排卵検査薬クリアを排卵日の何日目前と決めて使ってしまうと、チャンスを逃して、陽性反応がなかなか出ないということもあります。
排卵日は1カ月のうちにたった1日ですから。
やはり闇雲に使っていても、なかなか陽性にはなりません。
排卵検査薬を使って、すぐに子供が出来る人は本当に運が良いですね。
でも、妊活って、どのくらいの人が成功しているのかなって気になって、ネットで調べてみたんですが、2年で6割なんですってね。
でも、逆に言うと、2年やっても4割の人が妊娠できないってことなんですよね。
自分が6割の方に入れれば良いですが、4割になってしまった時のショックっはすごいと思いました。
やっぱりそういうことになってしまうと、ちょっと考えてしまいますよね。
妊活を始める時には、「いつかは出来るでしょ」って思っていたけど。
実際に妊活しても出来ないとなると、かなりショックだと思います。
言い逃れ出来ない現実を目の当たりにして、やっぱり辛くなってきます。
自分の子供が出来ないかもしれないというのは、やっぱり子供を望んでいる女性にとっては悲し過ぎると思います。